どんな契約書を書くのか

口約束だけでは希望通りのWebを作ってもらえません。 契約書を書いて、自分の意見を書面に残してください。 希望通りのWebでなければ、修正してもらいましょう。 契約書を見せれば、すぐ修正してくれます。 何からWebを見られるようにするのかも、契約書で確認してください。

仕事を任せる上で大事なこと

制作会社にWebを作ってもらう際は、締め切りを確実に伝えてください。 こちらが指定しないと、締め切り前に作成してもらうことができません。 最初に言われた料金より、高い料金を請求されるトラブルがあるので注意してください。 契約書を作成すると安心できます。

修正する際やキャンセルする時のこと

修正箇所が見つかったら、すぐ直さなければいけません。 その際に料金が発生するのか、発生するならどのくらいの料金になるのか契約書で確認してください。 こちらの事情が変わって、依頼をキャンセルすることがあります。 キャンセル料金がどのくらいなのかも確認しましょう。

どんなWebにするか決める

まずは、どんなデザインにするのか記載する契約書を書いてください。
契約書を書いていれば、希望と異なるデザインになっている時に修正を制作会社に求めることができます。
どの媒体からWebを見られる仕様にするのかも、契約書で決めておきましょう。
自分はスマートフォンとパソコンの両方から見られるWebを作ってほしかったのに、制作会社はパソコンからしか見られないWebを作ることがあります。
契約書を書いていれば、意見がすれ違う事態を回避できます。

納期や、費用に関する契約書も忘れないでください。
Webを仕事で使うために、制作会社に依頼する人がいると思います。
それなら決められた日に間に合わないと、他の仕事の計画まで狂ってしまうので困ります。
いつまでWebを完成させれば良いのか、よく考えましょう。
納期に関して、早めに制作会社と話し合ってください。
納期までの時間が短いと、依頼を断られることがあります。
曽於の場合は早く別の制作会社を見つけてください。

もし修正する箇所が見つかったら、早く修正を依頼しなければいけません。
契約書に、修正する時に費用が発生するのか書いてください。
制作会社によっては、修正料金が発生するところもあります。
逆に無料で修正してくれる制作会社もあるので、修正に関することを忘れずに話し合いましょう。
こちらの都合で依頼をキャンセルする場合の決まりも、確認しておきましょう。
いろんな契約書を書いていないと、トラブルの原因になります。